スギナエキス:手作り化粧水 原液 of 野草エキス 「つみな」

★2013-3.jpg


野草のプロフィール
スギナ

●強くてやさしい春のスギナ
毎年、春に都内で見かけるスギナの新芽が少し成長した頃に、山にスギナの採取に出かけます。春のスギナはやわらかくて香りもフレッシュです。成長すると繊維が強く、手を切りそうなくらいに丈夫になるスギナも、春の芽吹きの頃はまだふんわりとソフトで収穫がとても楽です。そんなに力を入れなくても、茎のあたりを握って引っ張るとサクッと切れて簡単に摘み採ることができます。香りも良く、きれいな若草色です。この、春一番のスギナを浸け込んでエキスを作ります。

スギナ4.jpgaスギナ-hadano-2.jpga

スギナ-hadano.jpg

新茶のようなさわやかなグリーンの香りです。
摘みたて春一番.jpg

春を過ぎると堅くなる茎も、この時期はやさしい手触りです。
スギナ4.jpg

●シェリー酒方式を取り入れたスギナのブレンドエキス
スギナエキスは、仕込み1年目はスッキリしたさわやかな感触で、2年目以降はしっとりとなめらかな肌触りに変わってきます。毎年1年目でほぼ品切れになっていたので2年物は販売していませんでしたが、昨年は少し余裕を持って多めに仕込みましたので、1年物と2年物をブレンドしました。

この方法はシェリー酒の製造法を参考にしています。シェリ-酒は複数の収穫年に作られたものをブレンドすることで味を均一に保っているそうです。この方法であれば新物のさわやかな感触と、熟成エキスのしっとりなめらかな感触を併せ持ったバランスの良いエキスを作ることができます。野草エキスはホワイトリカーをベースとしていますので、シェリー酒やワインなど熟成酒の製造法はとても参考になります。


●畑のやっかいものが、いつしか人気の野草へ
スギナは生命力がとても強く、抜いても抜いてもどんどん生えてくることから「畑のギャング」とも言われ、農家ではやっかいものとして嫌われてきました。ところがケイ素(シリカ)という貴重なミネラル分をたくさん含んでいることがわかり、海外でも注目されていることがわかると次第に人気の野草となってきました。現代人に特有の肌トラブルでお困りの方からもとても支持が高い野草です。

地面の奥深くまで根を張ります。
スギナ-2.jpg

ちょっと油断すると一気に繁殖する生命力の強い野草です。
スギナ-3.jpg

●スギナの素晴らしい効用
スギナには大変素晴らしい効能があり、ここでご紹介できないことが本当に残念です。当店では実際にスギナエキスをご利用のお客様からたくさんのお声を頂戴しています。メールでお知らせくださる方から、わざわざ手作り市会場にご報告に来てくださる方までたくさんいらっしゃいます。
これらはもちろんスギナエキスだけの効果ではなく、食事に気をつけたり、生活習慣を見直すなど様々な対応を経た上での結果だと思います。それでもその中の一つとしてお役に立てていることをとてもうれしく思っています。

ヨモギやドクダミなど昔からよく知られる野草に比べると、一見地味に見えるこの野草には本当に信頼できる力が詰まっています。スギナの効能についてはたくさんのサイトで様々な事例が紹介されています。特に最近注目されているのはシリカという成分です。お肌だけでなく髪や爪にまで色々と力を発揮してくれているようです。ぜひご参考になってみてください。

線3.jpg

スギナエキス
SOLD OUT
売り切れとなりました。
◆次回販売は10月の予定です。

スギナ.jpg

60ml \1,500

購入数量

原材料  スギナ(採取地:秦野 2015年/2016年ブレンド) ホワイトリカー(Alc.35%)
内容量  60ml
保存方法
・防腐剤など添加物は一切使用しておりません。
直射日光を避けてできるだけ涼しい場所で保管してください。
・抽出ベースとなるアルコールは梅酒を浸ける時に使うものと同じものですので冷暗所であれば長期保存が可能です。長く置くほど熟成され、使用感はまろやかになってきますが、開封後は使用条件により劣化することも考えられますので、1年を目安に使い切るようお願いします
お作りになった野草水の保存
付属のボトルを使用して水で希釈した野草水は冷蔵庫に保管の上、一週間で使い切るようお願いします。
使用上の注意 
・飲用ではありません。手作り化粧水の原料としてお使いください。アルコール度数が高いので特にお子様の誤飲にはご注意ください。
・アルコールが肌に合わない方はご使用をお控えください。
・使用中に、はれ、赤みなど異常を感じた時はご使用を中止してください。
・開封後は水などが入らないようご注意ください。