ビワの種エキス:杏仁の香りの肌水 of 野草エキス 「つみな」

★2013-3.jpg

ビワの種

唯一「種」のエキスです。
ビワの種エキスは、当店のエキスの中で唯一 、種(たね)のエキスです。
種には、葉の精油成分とは質の違う油脂分が含まれています。そのせいか、乾燥する季節には、ビワの種エキスが最も肌の調子がよいとお話くださるお客様がいらっしゃいます。

ザル-1.jpg

ビワ種2014-0.jpg

大分から直送してもらったビワの実から一つ一つ種を取り出して洗って乾かします。
ビワの種は思いのほかデリケートですので、種を取り出したら手早く作業をしないと傷んでしまいます。

四つ割りにして、じっくり浸出した貴重なビワ種エキスです。
以前は種を浸け込む際2つ割りでしたが、一昨年から4つ割りにしています。貴重な種ですので、エキスがしっかり抽出できるよう一手間加えてじっくり浸出させています。

カット殻付き-2.jpgビワ種2014-7.jpg

4カット-2.jpgビワ種皮&中味.jpg

仕込み-4.jpga仕込み.jpg

ホワイトリカーに浸けて6ヶ月熟成すると杏仁のような甘い香りに変化してきます。

●ほんのり杏仁(あんにん)のような香り。
ビワ種エキスは杏仁豆腐に似た香りが特徴です。手作り市の会場などで香りを確認していただくと、ほとんどの方がすぐに気が付いてニコッとされます。杏仁(アンニン)とは杏子(アンズ)の種のことです。アンズもビワも同じバラ科の植物ですので、種は似たような香りがするのです。

●成分が濃縮された種のエキス
ビワの種には、ビワ葉の何倍もの有効成分が含まれています。
心地よい香りも大変人気がありますので、できれば毎年継続的に販売したいと考えていますが、良い状態の実を集めることが難しいのです。
仕込みも大変手間のかかる作業です。また意外なことにビワの種はとてもデリケートで、実の状態が悪けれすぐに種にも影響が出ます。
このように、なかなか簡単には出来ないエキスではありますが、
成分が濃縮されたエキスは肌への感触が素晴らしい特別なエキスです。

線3.jpg

ビワの種エキス

ビワの種-ビン.jpg
60ml \1,900

購入数量

原材料  ビワ種(大分県産) ホワイトリカー(Alc.35)
     ※店主実家の栽培品です。
内容量  60ml
保存方法
・防腐剤など添加物は一切使用しておりません。
直射日光を避けてできるだけ涼しい場所で保管してください。
・抽出ベースとなるアルコールは梅酒を浸ける時に使うものと同じものですので冷暗所であれば長期保存が可能です。長く置くほど熟成され、使用感はまろやかになってきますが、開封後は使用条件により劣化することも考えられますので、1年を目安に使い切るようお願いします。
お作りになった野草水の保存
付属のボトルを使用して水で希釈した野草水は冷蔵庫に保管の上、一週間で使い切るようお願いします。
使用上の注意 
・飲用ではありません。手作り化粧品の原料としてお使いください。アルコール度数が高いので
特にお子様の誤飲にはご注意ください。
・アルコールが肌に合わない方はご使用をお控えください。
・使用中に、はれ、赤みなど異常を感じた時はご使用を中止してください。
・開封後は水などが入らないようご注意ください。

★ビワ種.jpg
★現在、農林水産省よりビワ種の摂取に関する注意喚起がされております。アミグダリンという成分に微弱な毒性が含まれるからです。この成分はアルコール熟成により分解されてしまいます。当店のエキスはホワイトリカー(アルコール度数35)で半年間熟成させてあります。













花線2.jpg