スイカズラエキス:手作り化粧水 原液 of 野草エキス 「つみな」

★2013-3.jpg

野草のプロフィール
スイカズラ

●白と黄色が美しいスイカズラの花
白と黄色の花が一緒に咲く姿がとても美しいことから「金銀花」とも呼ばれます。花は口に含んで管の部分を吸うと甘い香りがあって、蜜のような味がすることから「吸い葛」の名前がつきました。砂糖のない時代に砂糖代わりに使われていたともいわれています。


mCIMG1695.jpg

mCIMG1688.jpg


花は甘く品の良い香り
香りは、甘さの中にも清らさがあって品の良さを感じます。
この香りをエキスに閉じ込められないかと思いましたが、残念ながら半年ほど熟成しているうちに香りはほとんどなくなってしまいます。
できあがったエキスは、ほんのり野草の香りがするだけですので、期待はお持ちにならないようお願いします・・・(^^;

肌にしみこむ天然水のようなエキス
スイカズラの魅力は天然水のようなみずみずしさにあります。お肌にやさしく染み込む自然な感触がとても心地のよいエキスです。秋から冬にかけてお肌の乾燥が気になる季節には、手肌や指先にもやさしく水分を補ってくれます。
肌の感触としては、水分を補いながらもさっぱりとした印象ですので、べたつき感が苦手という方にはぴったりなエキスです。

mCIMG1683-2.jpg

●生薬としてのスイカズラ
スイカズラは薬酒として飲まれることもあり、抗炎症作用、抑抗菌作用があるとされています。喉の痛み、腫れにもよく、風邪の初期の解熱、解毒にも使われたそうです。炎症 かぶれ あせも 湿疹などに利用されるようです。

CIMG1252m.jpg

●スイカズラで清らかな肌に
生薬としても様々な使い方がされてきたスイカズラはデトックス作用にも優れているそうです。なにかと余分なものを溜め込みやすい環境にいる現代人ですから、ぜひスイカズラエキスで毒を追い出して、清らかな肌を保ってください。

線3.jpg

スイカズラエキス
4.jpg
60ml \1,600

購入数量

原材料  スイカズラ葉・花(採取地:武蔵五日市) ホワイトリカー(Alc.35%)
内容量  60ml
保存方法
・防腐剤など添加物は一切使用しておりません。
直射日光を避けてできるだけ涼しい場所で保管してください。
・抽出ベースとなるアルコールは梅酒を浸ける時に使うものと同じものですので冷暗所であれば長期保存が可能です。長く置くほど熟成され、使用感はまろやかになってきますが、開封後は使用条件により劣化することも考えられますので、1年を目安に使い切るようお願いします。
お作りになった野草水の保存
付属のボトルを使用して水で希釈した野草水は冷蔵庫に保管の上、一週間で使い切るようお願いします。
使用上の注意 
・飲料用ではありません。手作り化粧品の原料としてお使いください。アルコール度数が高いので
特にお子様の誤飲にはご注意ください。
・アルコールが肌に合わない方はご使用をお控えください。
・使用中に、はれ、赤みなど異常を感じた時はご使用を中止してください。
・開封後は水などが入らないようご注意ください。